道化師が描く、愛ある官能小説 >> 人妻官能小説 家庭内盗撮の妄想 

2100年01月01日

まじめに官能小説してみよう

 「官能小説」と呼ばれる一群の小説があります。Wikipediaの「官能小説」の項によれば、「男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンル」とあります。セックスがテーマで、俗な言い方をすれば「いやらしい小説」という事になります。

 小説とは何であるか? 掘り下げれば哲学的な議論にもなりそうですが、とりあえずそれは共通認識があるとしておいて、「官能」とは何かをgoo辞書で調べると、この文脈では「感覚器官を通して得られる快さ。特に、性的な感覚にいう。」だとわかりました。

 言葉の定義からすると、肉体的・精神的な交流による気持ちよさを描く小説が、官能小説だということです。逆に、いわゆるR18指定のセックス描写がいくらあっても、性的な快さを描くことをテーマ(目的)としない小説は、官能小説とは呼ばないということになります。

 同性同士であってもいい。愛し合っていなくても構わない。セックスという形式を採る必要すらない。観念的にではなく、感覚的な性の快感を描写し、読者がそれを追体験できる物語なら、それは官能小説と呼ぶにふさわしいものなのでしょう。

 そして、この特性と楽しまれ方から、読者は一般の小説に求めるような面白さを、官能小説に対しては望まないという事実があります。深みのある人物描写や予想外の展開よりも、自分の嗜好に合っていることや性描写の濃厚さの方が重要視される事がほとんどです。


 一方で「恋愛小説」というジャンルがあります。こちらはウィキペディアでは、「男女間もしくは同性間での恋愛を主題とした小説のこと」と定義されています。再びgoo辞書で引くと、恋愛とは「男女が恋い慕うこと。また、その感情。ラブ」だそうです。

 つまり、恋愛小説と官能小説の違いは、「愛(または恋)は恋愛小説には必須だが、官能小説には必ずしも必要ない」「官能小説は気持ちよさを描く必要があるが、恋愛小説ではそうとは限らない」の二点だと考えられます。

 読み手は小説という表現手段に対して、潜在的に何らかのカタルシスを求めているため、恋愛小説もその多くはハッピーエンドを選択するのでしょうが、中には救いのない悲恋モノもあります。その意味で、浅い意味での「楽しさ、面白さ」は恋愛小説の要件ではないとも言えそうです。

 これに対して官能小説は、いわゆる「ヌける」ことを第一義に求められます。ボーイズラブやジュブナイルポルノなどを含まない、狭義の官能小説では、特にその傾向が顕著です。その意味では、恋愛小説と比べても、楽しみ方が非常に限定されている小説だといえます。


 私・道化師は、アマチュアの官能小説書きです。読み手として、また書き手の端くれとして、官能小説の面白さや不自由な点、自分の執筆動機や想い、官能小説にまつわる疑問やささやかな発見を、このBlogで書いてゆければいいなと考えています。

 ただ、殊更に扇情的な書き方はしないものの、このBlog内の記事には未成年の方が読むには適当でない用語が、数多く出て来ると思われます。  特にカテゴリ「官能小説について考える」の中の記事は、その傾向が顕著でしょう。なので、全体をR18指定(18未満の閲覧を制限する)とさせていただきます。

 また、当初のコンテンツの量が寂し過ぎたため(笑)、某所で書いていた官能小説・創作系・その他の記事を、一部転載することにしました。(因みに、この記事は、常にトップページに来るように未来の日付をつけています)

 因みに私のサイトは、人妻官能小説 家庭内盗撮の妄想 です。では、どちら様も宜しくお願い申し上げます。


● 官能小説について考える 目次

1.官能小説と恋愛小説の関係
2.官能小説は、なぜ類型的になるのか?
3.自作の官能小説を、Webで公開する三つの動機(1) (2) (3)
4.何のための官能小説かは、書き手によって違う
5.官能小説作品を位置づける方針の素案
6.官能小説に『人物』は必要か?(1) (2)
7.官能小説の人称と視点(1) (2) (3)
8.官能小説を考える上での自戒
posted by 官能小説書きの道化師 at 00:00 | 官能小説について考える

官能小説